読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

unicorn dream

映画とかをみた感想

ティム・バートンの世界(展覧会)

f:id:melty_candy:20141226182136p:plain

2014年11月1日(土)~2015年1月4日(日)/森アーツセンターギャラリー

クリスマスイブに行ったら、本当にカップルしかいなかった。

前売り買ったのに、もうすぐ終わっちゃうことに気づいたので行きました。

カップルしかいなかったし、すごい数のカップルがいました。

スタッフが入り口で、全部観るのに4時間かかるし、グッズ売り場のレジ待ち10分だと叫んでた。

わたしが全部見るのにかかったのは2時間だったし、たどり着いた頃にはレジはそんなに混んでなかった。

あとで調べると、開幕してすぐの時よりはかなり混雑はマシになってるっぽい。

壁に沿ってる行列に合わせて見ていくと時間かかるから、それは止めた方がいいです。

MoMAのよりは展示の数を減らしたらしいけど、それでもすごい数のイラストや写真が展示してあって、来て良かった。

ザ・キラーズのMVの映像がビットレート低すぎて酷い画質で、白黒映像なのに、黒が崩壊してる。

周りの客の会話を聞いてると、雑な知識を彼女に話す彼氏とか、みんな意外とそんなにティム・バートンの映画見てないことがわかりました。

キャスト&クルー・ブックをiPadiBooksで見るところがあるんだけど、2ページ見開きだから見難い。

映画のために書いたイラストを見ると、映画はイラストにかなり忠実なのがわかるんだけど、イラストのほうの展示しか無いから、完成した映画の写真とかも欲しかった。

わたしは英語がわからないから、ヘンゼルとグレーテル日本語字幕入りで上映されてたのはありがたかった。

ヒッチコック劇場とか、フェアリー・テール・シアターのも上映して欲しかった。

セロリ怪獣の彷徨は観るの忘れて後悔。

お土産コーナーすごい混んでて、みんななんかしら買ってると思うぐらい。

最後にティム・バートン監修だかのクリスマスツリーがあって、たまにセカオワのスノーマジックファンタジーがかかるみたい。

そして、そこで買った画集の話↓

ティム・バートン[映画作家が自身を語る]

ティム・バートン[映画作家が自身を語る]