unicorn dream

映画とかをみた感想

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!

f:id:melty_candy:20150212190146j:plain

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!

The World's End
2013年/アメリカ・イギリス/監督・脚本: エドガー・ライト/脚本・出演: サイモン・ペグ/出演: ニック・フロスト パディ・コンシダイン マーティン・フリーマン エディ・マーサン ロザムンド・パイク ピアース・ブロスナン

楽しかったあの頃に戻って人生やり直す

アル中無職貧乏の主人公が、楽しかった頃再びと、かつての同級生を集めるために、一人ずつ会いに行くと、みんな、まともな職についていて、家もあり、家族もあります。

この冒頭ですでに、わたしは主人公に感情移入してしまい涙が出てきます。

あとの内容は、ショーン・オブ・ザ・デッドホット・ファズのほうがおもしろかった気がします。

腕に足が刺さってる人間と戦うところとか、どうやって撮影したのか気になります。

主人公がぼろぼろの車を止めたその後ろに、新車の広告を置くエドガー・ライトはまじで畜生ですね。

エイリアンのロボット?というか彫刻?のデザインがよかったです。

サイモン・ペグとニック・フロストが仲悪い設定は珍しい。

こんなタイトルで、世界を救ってはいるけど、世界は終わってしまって、本当に驚きました。

でもそれで人生リセットしてやり直してて、よかったよかった。

 

ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う! [Blu-ray]

ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う! [Blu-ray]