読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

unicorn dream

映画とかをみた感想

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 3D

f:id:melty_candy:20150719100846j:plain

Star Wars Episode I: The Phantom Menace
2012年/アメリカ/監督・脚本・製作総指揮: ジョージ・ルーカス/音楽: ジョン・ウィリアムズ/出演: リーアム・ニーソン ユアン・マクレガー ナタリー・ポートマン ジェイク・ロイド レイ・パーク アーメド・ベスト サミュエル・L・ジャクソン

3Dにする意味とは

たぶん、10年ぐらい前にテレビで観て以来です。

新三部作はどれも評判が良くないけど、わたしは好きです。

ダース・モールが出てる場面は、新三部作の中では一番良かった場面だと思います。

ですが、3Dにする意味は無かった。

ポッドレースの場面が、思ってた以上に長くて、ちょっと長すぎだと思いました。

高校生のときに事故って大けがして、レーサーになりたかった夢を断念した、ジョージ・ルーカスの執念みたいなものを感じます。

新三部作はCGばっかりってよく言われるけど、エピソード1はかなり模型が使われています。ポッドレースの観客は綿棒です。

有名になる前の、キーラ・ナイトレイドミニク・ウェストリチャード・アーミティッジが少しずつ出ています。

戦略防衛構想をスターウォーズ計画と呼ばれたことにキレたルーカスは、本作の悪役を、ニュート・ギングリッチロナルド・レーガンから取って、ヌート・ガンレイという名前にしたそうです。