unicorn dream

映画とかをみた感想

トゥモローランド

f:id:melty_candy:20150726180025j:plain

Tomorrowland
2015年/アメリカ/監督・脚本・原案・製作: ブラッド・バード/脚本・原案・製作: デイモン・リンデロフ/音楽: マイケル・ジアッチーノ/出演: ジョージ・クルーニー ヒュー・ローリー ブリット・ロバートソン ラフィー・キャシディ

メッセージはわかるんだけど…

前半はすごくおもしろいです。

なのに後半、トゥモローランドに行ってからはなんかいまいちです。

未来は明るいと信じていれば実現出来る、というメッセージはわかるんだけど、
それ以外、とにかく説明が無いので、前半で伏線張るだけ張って放置で、映画は終わります。

なんで追放されたのかとか、最初のビデオの説明は何なのかとか、追っ手は何者だったのか、結局帽子何も無いの?とか。

 

監督は、アイアン・ジャイアントMr.インクレディブル、レミーのおいしいレストラン、ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコルブラッド・バードです。おもしろくないわけない。

なのに、そんな内容だし、評判もあまりよくない。おかしい。

その原因は、脚本家のデイモン・リンデロフにあるのではないでしょうか。

LOSTとプロメテウスは観てないけど、カウボーイ & エイリアンもスター・トレック イントゥ・ダークネスワールド・ウォーZも、全部、前半は謎が謎を呼んで、わくわくどきどきするけど、後半、急につまらなくなるし、オチも微妙だし落ちてないし、謎も放置の、この感じです。

調べると、みんなもそういう認識で安心しました。

Damon Lindelof, the man behind so many large-scale stories with larger-scale narrative problems

thedissolve.com

 

でも、ストーリー以外はとても良くて、

映像がとてもきれいだし、見た目が面白い武器やロボットがたくさん出てきたり、シド・ミードがデザインした、すてきなデザインの未来都市が出てきたり、謎の集団に追いかけられたり、エッフェル塔からロケットで飛び立ったりして、レトロフューチャー感がすごく良くて、わくわくします。

IMAX以外では画面の周りに黒い枠があって、スクリーンが小さくなるのが困る。

togetter.com

「言語の機能が損傷」って日本語で話すとか、日本ネタが割とあってうれしい。

主人公の父親が、ウォルト・ディズニーに似てる気がする。

ウォルト・ディズニー最大の謎にして最高のプロジェクト」というキャッチコピーだけど、全然関係ないです。

あと、ディズニーランドのエリアとも関係ないです。

ロボットをオーディオ・アニマトロニクスと呼ぶのは、ディズニーランドの映画だと思い出させます。

こういう話が手塚治虫の漫画でありそうだと思いました。読んだこと無いけど。

メン・イン・ブラックに結構似てる場面がある気がする。

アテナが強いのとケイシーがかわいいのはよかったです。

ロボットが、金属バットで延々と殴られてボコボコにされるのは笑ったけど、人間ならかなりグロテスク。

オチはちょっと、選民思想っぽいし、新興宗教みたいで気持ち悪かったです。

ブラッド・バードの次回作のMr.インクレディブル2に期待です。