unicorn dream

映画とかをみた感想

インサイド・ヘッド

f:id:melty_candy:20150806180859j:plain

インサイド・ヘッド

Inside Out
2015年/アメリカ/監督・脚本: ピート・ドクター/共同監督: ロニー・デル・カルメン/脚本: メグ・レフォーブ ジョシュ・クーリー/製作総指揮: ジョン・ラセター/音楽: マイケル・ジアッキーノ/製作: ピクサー・アニメーション・スタジオ/出演: 竹内結子 大竹しのぶ 佐藤二朗 落合弘治 浦山迅 小松由佳 伊集院茉衣

ドリカムに困惑

ドリカムの日本版テーマソングのMVが始まる前に流れます。

さすがに30分は盛りすぎだけど、1曲だから3分ぐらいだと思う。

Macで作ったみたいなスライドショーで、一般人の写真が延々と流れていきます。

金払って、ブサイクなカップルの写真を、どうして見せられなきゃいけないのか。

それに、わたしはドリカムが生理的に無理なので、マジできつかったです。

ウォルト・ディズニー・ジャパンは、MovieNEXと共に死んで欲しい。

 

映画自体はとてもよかったです。

観客は子供が多かったけど、子供が大人の階段上る話だから、大人向けの内容だと思う。

竹内結子とか大竹しのぶとか佐藤二朗の吹き替えは、違和感ないし、言われなきゃ気づかない。

宣伝だと、感動っぽいけど、かなり笑える場面があって、おもしろかったです。

特に、2次元になってしまう場面、あの突然のおもしろさ、アニメだったことを思い出させてくれます。

有機野菜の健康ピザ、が出てきたんだけど、アメリカ人はそこまでしてもピザが食べたいの?

音楽は、ガラスのコップを叩いたり、擦ってるような感じのです。

ズボン履いてない夢はみんな見るみたいで、安心しました。

 

ゲンディ・タルタコフスキーの新作の「Can You Imagine?」が、内容かぶってるけど、大丈夫なのかな?

また製作中止とかなったら、かわいそう。

 

最近、子育て映画を観るのがつらくて、
「ライリーは12歳。これから楽しみだね。」って、将来を期待するセリフで締められるんだけど、
わたしの親もこうして、わたしに期待していただろうに、結局、クズに育ってしまったので、悲しくて、胸が締め付けられる。

わたしも、頭の中で理想の恋人を作って精神を保とうと思いました。

 

ディズニー/ピクサー インサイド・ヘッド あなたの感情たちのトリセツ

ディズニー/ピクサー インサイド・ヘッド あなたの感情たちのトリセツ