unicorn dream

映画とかをみた感想

HKT48 74億分の1の君へ ミュージックビデオ撮影

f:id:melty_candy:20160421135852j:plain

74億分の1の君へ

2016年/監督: 丸山健志/ふもとっぱら/HKT48

碧唯ガンバレ!!

 

集合は朝早いけど、八王子なら近いので、申し込んだら当たりました。

もう発売されたので、書いても大丈夫だと思います。

 

当選

当選メールには、

・土地柄的に当日気温の低い事が予想されますので、服装に関しまして、防寒の効くものにてお越しください。今回の企画趣旨は、「フェス」なので、そのイメージでお越し頂けますと幸いです。

と書いてあったのですが、冬の野外フェスの格好ってどんななのか、わからないので、問い合わせしたら、別に何でもいいって言われました。

あとで考えたら、普通に上に、上着着ていけば良かったですね。

 

撮影

八王子駅南口に朝7時半までに集合で、わたしは6時半頃に着きました。

列の前から順番に本人確認して、バスに乗り込んでいって、いっぱいになったら順次出発して、撮影場所に向かいました。

バスは、補助席まで全部使って満員でした。

隣の人の誓約書をチラ見したら、書いてある住所が、結構わたしの近所でした。

 

撮影場所が静岡県富士宮市と書いてあって、近くに住んでる人は現地集合でもよかったみたいです。

 

2時間ぐらいバスに乗り、途中、道の駅朝霧高原でトイレ休憩があって、ふもとっぱらキャンプ場に着きました。

長渕剛の10万人ライブの場所です。

MVの冒頭に、バスが1台やってくる場面がありますが、実際には、全部で10台以上あります。1000人いるので。

 

まず着くと、荷物とかの検査をして、リストバンドとパンフレットが入ったパスケースと配置場所が書いてあるシールを貰います。

それと、MVにも写ってる、ゲートと林の装飾もすごいし、野原にも、ステージがいくつかあって、周りにはテントとかあって、気球もあるし、MV撮影のためだけなのに、結構ガチな感じでびっくりしました。

 

林を抜けて、まずは、昼食のための食券を買うために並びます。

2種類のブリトー角煮まんじゅうから選択できるので、選択の余地は無いので、ブリトーを選びます。

買ったら、中央のステージに、ひとこと、メッセージ書く場所があるので、書きます。

わたしは最初のほうに書いたから、他の人が何書いてるのかは、MV見て知りました。碧唯ガンバレ!!

 

そのステージの人が全員集まると、ダンスの練習が始まります。

ステージにダンスの先生がいて、音楽が鳴って、何度か練習しました。

覚えるの無理。数回で覚えるらしいメンバーはすごいと思いました。

 

練習を何度かして、10時半頃、ご飯になりました。

予定表を見ると、1時から撮影と書いてあるので、それまで待ちます。

 

さっき買った食券を持って、フードコードに並びます。

フードコートっていうか、ブリトーのテント。行列がすごいです。

2人しかいない売ってる人も、作業たらたらしてるし、ブリトー毎回1つずつ電子レンジで暖めてるし、てか小さいし、何なの?

食券もフードも、売るの遅すぎでしょ。

人数が多くて、次々やってくるから、わたしたちのグループが練習終わって、ブリトー食べ終わっても、それから来て練習してるぐらいです。

 

3月の富士山の麓にあるふもとっぱらキャンプ場はとても寒いです。

しかも、鹿の糞がいたるところ、というか、全ての地面に転がってて、とても臭いです。

それに、花粉症にはかなりきついです。鼻をかむ度に糞の臭いが押し寄せます。箱ティッシュ持っていって良かったです。

でも、前の山では、パラグライダーやってるのが見えるし、後ろには富士山が少し見えるし、景色はいいです。

 

そのうちに、地平線の彼方から、メンバーがバスで到着すると、みんな近くに集まっちゃったから、車で目隠しされてしまいました。

なんか写真撮影してるっぽかったけど、あれはジャケット撮影だったっぽいです。

とてもさわやかなジャケットですが、実際は鹿の糞の臭いの中です。

 

3時間後、まずは前説の、落語家とたけしの物まねする人が出てきました。

サシコ・ド・ソレイユにも出てたらしいけど、行ってないから知らない。

8000人応募があったと発表がありました。

募集の画像には、めざせ1000人って書いてあるけど余裕で集まってる。

f:id:melty_candy:20160420113940j:plain

1000人っていうと多そうに聞こえるけど、場所が広いし、踊れるようにかなり間隔とるし、意外と多い感じは無いから、みんな当選させればいいのにって感じだけど、東京から連れて行くのは、それ以上は、バスの数的に無理。

なので、地元のフィルムコミッションが集めた人も、何十人ぐらいかいました。

一番遠くから来てる人!と聞いたら、北海道から来てる人いました。すごい。

全体的には、夫婦とかカップルとか親子で来てる人多い感じです。

 

ステージの上も下も、そろそろメンバー登場してくれないかな、って思っていると、テントから出てきました。

わたしの近くにいたのは、森保まどか神志那結衣でした。

離れたステージから、曲中に、わたしの目の前を移動して、本ステージに移動する感じでした。

想像以上にかわいかったので、ニヤニヤして見てました。

最初は、メンバーを近くで見れて笑顔だけど、後半は疲れて、だんだん真顔になっていきます。

 

わたしの前には、テントのほうから、メンバーと接触する役の人達がやってきて、
カメラ持ってて、みんなで記念写真撮ってて、うらやましいと思いました。

 

MVにもあるカップルのプロポーズは、最後のほうに撮影がありましたが、ステージの反対側だったし、遠くてよくわからなかったです。

木の冠は、スタッフが、MVにも一瞬写ってる、木のオブジェの一部を切って作っていました。

プロポーズ第二弾の部分は、わたしの前でもやってたので、囲んで拍手とかしましたが、疲れ切って死にそうな顔をしてたと思うので、使われて無くてよかったです。

どうやってカップル集めたのかは謎です。

 

MVの撮影なので、カメラの場所を変えたりしながら何度も撮影を行います。

ひたすらずっとジャンプして、手も上で叩くのがほとんどずっと続く振り付けなので、何度も踊るのかなり疲れます。

・楽器(ギター、ベース、ドラム、タンバリン、カスタネット、キーボード、ヴァイオリン、ジャンベ等々なんでも可能です)をなるべくご持参頂きたいです。楽器持参者、歓迎致します。

ってメールには書いてあったけど、キーボードとかジャンベ持って一日中踊るのは絶対無理。

スタッフに、すごくいいと褒められて、安心しました。怒られなくて良かった。

 

合間、寒いし時間があるので、ファンもみんな上着着て待機して、撮影が始まると脱ぎ出す繰り返しです。

メンバーはたまに、離れたテントのほうに戻るのですが、その度に、メンバーを近くで見たいファンが、サーってすごい速さで集まって、ステージからテントまで花道が出来るのがおもしろかったです。

第三者視点で書きましたが、わたしも毎回集まりました。なつみかん普通にかわいいし、は↑な↓ちゃんかわいいです。

 

ステージで待つ間、指原などのメンバーが話して、場を和ませます。

監督が、丸山健志(独身)だと明かされました。

SKE48で長年、大勢のエキストラが踊るMVを作ってた人だし、最近は乃木坂46のMVをよく作ってる人だから、信頼出来るし、クオリティーは心配ないので、安堵しました。

田島芽瑠朝長美桜、今村麻莉愛はステージがテントの反対側だから、控え室が車で、他のメンバーは角煮まんじゅう食べてるのに、水しか飲んで無いって言っててかわいそうでしたが、近いからすぐステージ来られて、他のメンバーが来るまで待ち時間も盛り上げようとするので、ありがたかったです。

なこみくが生意気リップスをハモって歌っていました。

指原が村重を食事に誘ったけど、今福岡って言われて、そういえばいないって気づいたと言っていました。村重。。。

 

みんなメンバー近くで見たいよね?って、ポジションを前後逆転するよう、指原支配人から、みんなに指示がありました。

ありがとうございます。わたしは走りました。

前に移動したのはいいのですが、体中痛くてもう上向けない。。。

神曲っていうとハードル上がるから、普通の曲って言ってって、指原が言ってましたが、
曲がまだ出来立てで、初めて聴かせるって言ってたし、仮歌が男で、ほとんどサビしか無いので、普通の曲としか言いようがなかったです。

一日中繰り返し聞いたので、歌が忘れられなくて、その後1ヶ月ずっとサビが脳内で鳴り続けてることになりました。

 

最後に、ドローンで空撮する場面を撮影しましたが、その頃には、太陽が山に沈みかけてて、光がいい感じになっていました。

ファンはみんな筋肉痛になって苦しんでるのに、メンバーは、衣装すごい薄着で寒そうなのに、笑顔で踊ったりファンサービスしてるし、次の日、メンバーは福岡に戻って劇場公演だし、指原は東北で復興イベントだからすごいと思いました。

この文章は、筋肉痛で動けないベッドの中で、思い出しながら書きました。

 

最後にステージの周りにみんな集まって、挨拶がありました。

帰りはバスの中でみんな疲れて寝ました。

フード以外は最高のイベントでした。

 

発売

発売になりました。

MV撮影の1ヶ月後発売って、普通がどれぐらいなのか知らないけど、結構きついスケジュールに感じます。

さすがに、仮歌の男が歌ってるのと、HKT48が歌ってるのでは印象全然違います。

結構神曲でした。

歌聴いたり、歌番組でダンス観る度に、全身の痛みを思い出してしまいます。

 

MVを見ましたが、360°同じ風景だから、自分が写ってるの探すの、どこにいるのかわからなくて大変です。

わたしの隣にいたグラサンとか子供ががっつり写っているのは発見できましたが、わたし自身は、全景のところで点で写ってるっぽいのが確認できました。

プロポーズされて泣いてる、女の人が指原に似てるのは笑いました。

 

74億分の1の君へ

74億分の1の君へ

74億分の1の君へ (TYPE-A)(DVD付)

74億分の1の君へ (TYPE-A)(DVD付)

 
74億分の1の君へ(TYPE-B)(DVD付)

74億分の1の君へ(TYPE-B)(DVD付)

 
74億分の1の君へ (TYPE-C)(DVD付)

74億分の1の君へ (TYPE-C)(DVD付)

 
74億分の1の君へ (劇場盤)

74億分の1の君へ (劇場盤)