読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

unicorn dream

映画とかをみた感想

六本木歌舞伎 座頭市

Event etc

f:id:melty_candy:20170311023305j:plain

六本木歌舞伎 座頭市

ところどころはおもしろかったけど

 

なぜかリリー・フランキーが脚本です。

殺人鬼よくやる俳優としては有名だけど、脚本書いた経験ほとんど無いっぽいし、ちょっと意味がわからない。

 

演出は三池崇史で、似てる人が関係者席っぽい席にいると思ったら、本人でした。

第1幕の最後のが完全に三池崇史節です。

 

わたしは2階席だったのですが、1階の花道の演出が全く見えなくて、悔しい思いをしました。

しかも結構長い。

 

内容は、座頭市が六本木遊郭に来て遊女に恋をして、周りといろいろ揉めたりする話です。

ポスター見た感じ、真面目そうだけど、ほとんどコメディでした。

普通にストーリーが進んでる途中で、たまに、唐突にギャグが入ります。

「この匂いは…綾鷹…!」とか言ったり、その日の朝に考えたような時事ネタがほとんどで、アドリブ?もあって、サービス精神が多いのが伝わってきて、すごいおもしろかったです。

 

クライマックスで、思い出したように歌舞伎っぽくなるんだけど、正直、なんで鵺が出てきたのかわかんない。

ところどころはおもしろかったけど、全体的にはいまいちだったと思います。

 

座頭市 <北野武監督作品> [DVD]

座頭市 <北野武監督作品> [DVD]

 
ICHI プレミアム・エディション [DVD]

ICHI プレミアム・エディション [DVD]