読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

unicorn dream

映画とかをみた感想

SING/シング

f:id:melty_candy:20170311034410j:plain

SING/シング

Sing
2016年/アメリカ/監督・脚本: ガース・ジェニングス/製作: イルミネーション・エンターテインメント/出演: 内村光良 坂本真綾 山寺宏一 長澤まさみ 宮野真守 大橋卓弥 MISIA 斎藤司 大地真央 谷山紀章 水樹奈々 田中真弓 柿原徹也 村瀬歩 木村昴 重本ことり 佐倉綾音 辻美優 石塚運昇 河口恭吾 MC☆ニガリa.k.a赤い稲妻 Rude-α

豪華な吹き替えなのにもったいない

 

ジャパンプレミアです。糞席。

1階はファンクラブ会員っぽいです。声援がすごい。

 

映画が終わった後、司会者が出てきて、「まだまだ終わりませんよ~!」とか言って、ライブが始まってびっくりしました。

トレンディエンジェルの斎藤司のソロステージが始まりました。

アニメと同じダンスをして息切れしてぼろぼろになりながら、ステージを走り回って盛り上げてて、すごいと思いました。

次に、スキマスイッチ大橋卓弥が出てきて3曲歌いました。さすがうまい。

最初、声だけ聴こえてて、何かなと思ったら、後ろの方ステージから山寺宏一が登場してきました。

ものまね歌合戦の本人登場みたいな感じです。

最初の舞台挨拶には出てこなかったから、サプライズで、ものすごい歓声で、盛り上がりました。

割と映画の記憶が吹っ飛ぶから、モアナみたいに映画始まる前じゃなくてよかったです。


セットリストです。演奏は蔦谷好位置とバンドです。

  1. バッド・ロマンス (レディー・ガガ)/斎藤司
  2. シェイク・イット・オフ (テイラー・スウィフト)/斎藤司
  3. ゴールデンスランバー (ザ・ビートルズ)/大橋卓弥
  4. キャリー・ザット・ウェイト (ザ・ビートルズ)/大橋卓弥
  5. アイム・スティル・スタンディング (エルトン・ジョン)/大橋卓弥
  6. マイ・ウェイ (フランク・シナトラ)/山寺宏一

 

 

で、映画は吹き替えでした。

みんな歌手と声優だから、普通に歌上手いし、演技も上手いし、よかったです。

事故るのかなと思った、斎藤さんも普通にうまいし、斎藤さんだぞ?のセリフあったけど、自然なタイミングでした。

でも、主役の内村光良は、セリフ読んでる感があって、あんまり上手くない。

MISIAは普通に出番が多いし、すごい歌が上手くて感動します。

 

吹き替えに力入れてるのに、2、3曲、吹き替えるの諦めてて、字幕なのが、本当に残念です。

冒頭からそうだし、最後のShake it Offが字幕なのが、本当に本当にもったいないです。

吹き替えでも同じ歌詞が日本語字幕で出てくるのは変だと思う。

 

いっぱい個性的なキャラクターが、予告編にも出てくるけど、ほとんどみんなオーディション落ちで、すぐに退場するから、声優目当ての人は結構ショックかも。

 

ディズニーみたいに、劇中の文字が日本語になってるけど、それだけじゃなくて、エンドクレジットのキャストも吹き替えのキャストになってて、びっくりしました。

 

きゃりーぱみゅぱみゅの曲が3曲、挿入歌で出てきます。

あのリス?は日本人って設定だと思うけど、吹き替えだとわかんない。

 

ガース・ジェニングスは、銀河ヒッチハイクガイドの監督なので、期待してたのですが、期待通りでした。

 

CGの水がものすごいリアルだし、きれいでした。

 

クレジットの最後に続編の告知があったんだけど、映画館でもあれはあるのか、気になります。

 

シング-オリジナル・サウンドトラック

シング-オリジナル・サウンドトラック

 
銀河ヒッチハイク・ガイド [Blu-ray]

銀河ヒッチハイク・ガイド [Blu-ray]