unicorn dream

映画とかをみた感想

ボーダーライン

f:id:melty_candy:20160426192914j:plain

ボーダーライン

Sicario
2015年/アメリカ/監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ/脚本: テイラー・シェリダン/音楽: ヨハン・ヨハンソン/撮影: ロジャー・ディーキンス/出演: エミリー・ブラント ベニチオ・デル・トロ ジョシュ・ブローリン ヴィクター・ガーバー ダニエル・カルーヤ マキシミリアーノ・ヘルナンデス ジョン・バーンサル

メキシコは怖い

麻薬王を捕まえるためにメキシコに乗り込むことになる、警察官の話です。

 

冒頭の、国境沿いの家を捜索している場面と、国境の検問で並んでる場面、緊張感がすごくて、かなりいいです。

メキシコは、その辺の電線に死体がぶら下がってるぐらい、治安が悪い上に、警察官も買収されてるかもしれないので、誰を信じていいのかわからないし、静かな場面が続いてるのに、急に銃撃戦が始まるので、どきどきします。

キングダムみたいに、車で列になって道をすごいスピードで移動する場面が好きです。

 

エミリー・ブラントはタフな感じがいいし、ベニチオ・デル・トロジョシュ・ブローリンは怪しくていいです。

悪人が、素だとみんな普通に家族思いのいい人なのがいいです。

音楽が、ずっと、ゴゴゴゴゴ…って低音鳴らしてるのですが、緊張感があっていいです。

ボーダーラインを超えると、急に主役が変わって、確かにシカリオだと納得しました。
空撮と空がきれいです。

 

続編が、前日譚で出来るみたいだけど、かなり内容が変わりそうで、全然別の映画になりそうで不安です。